【特集】何を選ぶ? キャッシュレス決済-5 [QRコード決済編・まとめ]

自分に合ったキャッシュレス決済方法を

いよいよ10月の消費税増税となり、同時に特定の店舗でキャッシュレス決済を行うとポイント還元を受けられる制度が始まります。

日頃のお買い物をカード払いとしている方ならともかく、いつも現金で支払う方がいきなり「キャッシュレスで!」と言われてもその種類・サービスも多く、また昨今の不正利用被害などの報道から尻込みしてしまう方も多いのではないかと感じます。

QRコード決済

破壊的な還元率のキャンペーンや、ニュースを賑わした不正利用など、話題に事欠かないのがQRコード決済のグループです

日本ではまだ歴史も浅く不安定な要素も払拭しきれていないと感じますが、その還元率の高さ、利用可能店舗の拡大など、魅力的な側面も持ち合わせています

QRコード決済 各店の還元プログラム対応状況

PayPayLINE Payd払い
藤が丘本店10/1~10/1~未定
宮前平店10/1~10/1~10/1~
東林間店10/1~10/1~10/1~
たまプラーザ店未定
  • JOY美容室(藤が丘本店 宮前平店 東林間店):PayPay・LINE Pay・d払いのお支払いに対して還元対象※
  • Hair&Make JOYPLAZA たまプラーザ店:PayPayのお支払のみ ※キャッシュレス還元は現在登録作業中

※ たまプラーザ店のPayPayの消費者ポイント還元は登録完了後に有効になります、登録前の決済は還元対象にはなりません

還元の仕方・タイミング・上限額

還元の方法

すべてポイント還元になります

還元のタイミング

各事業者や、同時に開催する(予定の)キャンペーンなどの関係で還元時期がずれるもの、(時点で)消費者ポイント還元に対し特に発表していない事業者がございます

サービス名還元方法還元のタイミング上限設定
PayPayポイント還元翌月20日前後25,000ポイント/月
LINE Pay ポイント還元 決済時はコード支払い・オンライン支払の時に限り
※他は月末締め・翌月付与
30,000ポイント/月
d払い ポイント還元 月末締め、原則翌々月末までに付与30,000ポイント/月

キャンペーンの実施

発表済み PayPayの例では

消費者還元ポイントに加え、5%還元対象店舗での決済分に5%上乗せするキャンペーンを10-11月に行います。

結局、何を選べばいいの? (まとめ)

正解はありません、その人に依るとしか説明することはできません。

あくまで個人的な予想を書けば…
手堅くクレジットカードでの決済が増えると予想しています。現在でも相当数のお客様がご利用していますし、支払いのイメージとして非常にわかりやすいものだからです。

それでもカード会社による条件の差、弊社店舗のシステム対応の差など、一筋縄ではいかない、痛しかゆしといった場面に遭遇することは十分予想できます。

惜しいのは交通系ICカード

地域柄、PASMOをご利用のお客様が多いのですが、元々ポイントプログラムが存在していませんでしたので、駅に出向きチャージという還元方法が非常に悔やまれます。

それが無ければキャッシュレス決済を始めよう!というお客様にはピッタリの存在だと考えていました。駅で現金チャージ→ そのまま店舗へという、単純かつ簡単な動作でキャッシュレスが実現できたからです。

ダークホースはQRコード決済

派手なキャンペーンと、不正利用の相対する二面性を持っていますが、そのキャンペーンの破壊力は無視するわけにはいきません。

スマートフォンを所持している中高年の方も増えており、使い方が分かり、便利さが分かると繰り返し利用していただけるのはこの世代のお客様です。

一部のスタッフから「うちのお店で使う人、まずいないと思いますよ」のような声もありましたが、実際始めてみるとまったく違うことが分かりました (とはいえ少数派には違いありません)

お金の地産地消を目指すさるぼぼコイン (岐阜信用組合)の例

全国区ではなく地域でしか利用できない決済方法ですが行政を巻きこみ、市県民税・固定資産税・国民健康保険料や水道料金まで支払えるようになったと聞きます。

そこには会話が全くないのではなく、決済を通してスローな接点が生まれているそうです。
当然、場面に登場する人は普通のひと、若者限定や、情報通の特殊なひと限定ではないということです。

少し勇気を出して一つチャレンジしてみると、いつもの景色もまた違って見えるのではないでしょうか?

ご注意と免責

この消費者還元プログラムに関して、情報が不足しており不完全な内容を含んでいる可能性がございます

できるだけ正確で確定済みの情報を掲載しておりますが、今後追加されたり変更が加わる可能性を含んでおります

その場合速やかに訂正・加筆を行いますが、間違った情報による損失などに対して、弊社は一切の責任を負わない旨、予めご了承いただきますようお願い申し上げます

弊社消費者還元プログラムに関してのご質問はこちらから

コメントを残す(Facebook Twitter IDを利用できます)